yokota

機材・装置

練習やライブを簡単にラインレコーディング。新たな楽しみと演奏の発見がある。

練習スタジオやライブハウスで、ラインレコーディングを手軽にやろうという話です。アマチュアバンドで練習やライブをレコーダーで録音している方は多いと思いますが、ライン録音している方は少ないのではないでしょうか。スタジオによっては、無料でライン...
機材・装置

分かってるなぁ!ライブに使えるパーカッションマシン。BOSS DR-01s

小さなライブハウスやアコースティックバンドのライブで、パーカッションが欲しい時はよくあります。エフェクター買うくらいの価格で良いのがないかと探すと、これが意外とないんです。概ねドラムマシンとしてドラムキットが中心になっていたり、パターンが少なかったり、良いパターンがなかったり。また、パターンに自由度の高いものは1から打ち込みが必要だったり。そしてそもそもの音色がイマイチだったり。そんな中で見つけたのが、BOSSのDr-01です。これはかなり良いと思います。
カルチャー

ロックとファッションとDr.マーチンの靴。

ロック黎明期から今日に至るまで、ロックミュージシャンの靴と言えばDr.マーチンでしょうという話。 60年代 ロックとファッションは常に連動しています。というか、ファッションの一部に必ずロック的モードのテイストがあり、何...
マルチエフェクター

G3n内蔵のルーパーが優秀な話。

マルチエフェクターにはエフェクターだけではなくて、リズムマシーンやルーパーも入っていたりします。このルーパーが意外に使えるものだったりするのでご紹介します。 そもそもルーパーとは何か ルーパーとは、リアルタイムで任意のフレーズ...
カルチャー

音楽に関する深い話。

ここにご紹介するのはプロのオペラ歌手が音楽の深い話をするYoutubeチャンネルです。もちろんクラシックの話ばかりなのですが、ロックやジャズ、ポップスにも共通する本質的な話が多くとても興味深く聞けます。クラシック界が抱える問題もカ...
弾き方

オクターブ奏法の考察。

現在ではオクターバーを使うと簡単にオクターブ下の音が得られますが、オクターバーよりオクターブ奏法の方がたくさん使われています。同じようにオクターブ下の音を同時に出しますが、趣はかなり違ってきます(似せることもできますが)。 オクター...
ミュージシャン

ラリーカールトン

元々クルセダースのギタリストとして注目されたラリーカールトンは、ジャンルとしては(日本人はジャンル分けが好きです)フュージョンの分野になるので、ジャズ的なアプローチを得意とするギタリストです。しかし、ロックやブルース的な演奏も上手いという...
機材・装置

ライブやセッションの転換時を楽にスマートにする工夫。

ステージ転換時の状況 ライブハウスなどで行われる複数バンドでのライブやセッションでは、メンバーやバンドの入れ替わり時の時間が少ないことが多いです。バンドの転換時というのはバタバタ煩雑になるものです。また、リハーサルの転換時も同じです...
マルチエフェクター

MS-50にあってMS-50+にないもの。

マルチストンプMS-50の新型として発売(2023年秋)されたMS-50+ですが失った魅力もあります。失ったというと大袈裟ですが、個人的に好きだったエフェクトがなくなってしまいました。それは「Rt Closet」というレスリーシュミレータ...
マルチエフェクター

単体エフェクター派にもマルチが役立つ話。

単体のエフェクターは面白いです。マルチを推していますが、それは主に運搬、セッティング、予算、その他諸々の合理性からのもので、単体のエフェクターには文字通りおもちゃのような面白さがあります。いろいろいじりながら音の変化が得られるし、音質や設...
タイトルとURLをコピーしました